下肢静脈瘤 Q&A

下肢静脈瘤・あなたの足の静脈瘤をやさしく解説

下肢静脈瘤、これは足の血管が浮き出てみえ、痛みと足の疲労を伴います、足のむくみが現れることも、足が太い、足が細いは関係なく表れますし、下肢の静脈に瘤ができていても痛みがない場合もあります。女性であれば、だれもがのぞむキレイな脚がそこなわれてしまいます。

下肢静脈瘤の治療法で切除は長時間の手術となり傷跡が残ります。下肢静脈の瘤、注入療法は手術の代わりに行われる治療法です。静脈を刺激する溶液を注入して血栓を形成させます、この治療法では静脈を密閉するため、血液はその静脈内を流れることができなくなります。

下肢静脈瘤 レーザー治療、下肢に静脈の瘤があるなかでも軽いタイプの網目状・くもの巣状とよばれる静脈の瘤に適してします。レーザー法は、美容整形などで行われている、体の外からレーザーを照射する方法とは違います。

下肢静脈瘤日帰り手術、ここでは下肢静脈瘤の日帰り手術を行っているクリニックの紹介です。例え入院することになっても殆ど一日程度で済むようです。

サブコンテンツ

下肢静脈瘤ではランキングに参加しています。

ランキングはこちらをクリック!

Yahoo!ブックマークに登録

下肢静脈瘤 Q&A

下肢静脈瘤のレーザー治療は安全でしょうか。
下肢静脈瘤となってしまった血管は正常な働きをしていません、障害のある血管ですので、存在することによって他の正常な血管に不要な負担がかかっています。足の静脈瘤のレーザー治療を適切に使用するためには、その症状に応じたレーザー機器の選択が必要と言えます。ボコボコと盛り上がりの見える伏在静脈瘤にはエンドレーザー、細かい小さな静脈瘤にはマイドンレーザーを使用しますが、レーザー治療については、専門的知識を持つ医療機関にかかることが必要です。


下肢静脈瘤(足の静脈瘤)の治療は、ストリッピング手術とレーザー治療どちらが良いのでしょう。
下肢静脈瘤のストリッピング手術は、伏在型静脈瘤に古くから行われていて現在は、静脈瘤に対する根治的治療法として認識されています。また、レーザー治療は下肢静脈瘤では最新の治療法ですが、健康保険が適用できないため、現在は自費診療となります。医療機関によっては、治療内容に多少の違いがあります。


下肢静脈瘤に対して弾性ストッキングは有効でしょうか。
弾性ストッキングは、下肢静脈瘤を圧迫によって静脈瘤が進むのを妨ぎ、静脈瘤の進行を遅らせますが、下肢静脈の瘤を治すことはできません。治療をしても、その後に補助療法として使用が必要となります。


下肢の静脈を取ってしまって、そのあと大丈夫なのでしょうか。
下肢(足)の表面の静脈は何本もありますから、部分的に取ることには、特別な問題はありません。静脈瘤になってしまった静脈は、正常の働きをしていないのですから、取ってしまうことによって悪影響はありません。足のだるさや、むくみなどの症状はよくなります。


足の静脈瘤を外科の手術で治療する以外に薬で治すことはできるのでしょうか。
足の静脈瘤を根本的に治す薬(内服薬)は現在ありません、静脈瘤の手術または、硬化療法やレザーでしか治療法はなく、痛みなどを軽減する痛み止めの薬を使うのが現状です。


下肢静脈瘤になると、どのような症状がありますか。
外見上で言えば、浮き出た血管が見た目も悪く、気持ちが悪いといえます。女性であれば美容上の問題があります。足のむくむ、足が重い、だるい、つるなどの症状があります。症状が進むと、痛む、かゆい、足首や静脈瘤の周りに皮膚炎が起きやすくなり、皮膚の色素沈着なども起こります。足の静脈瘤では、自覚症状がないという方もいます。


下肢の静脈の瘤は加齢によって起きるのでしょうか。
加齢現象ではなく、年令を重ねることにより少しずつ進行していくため、重症化して症状が出てくることがあります。また、女性は妊娠・出産をきっかけとして下肢静脈瘤ができてくるケースが多く認められます。



女性の悩み便秘解消にはこちら

ここが変だよgoogle
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。