下肢静脈瘤と突然死

下肢静脈瘤・あなたの足の静脈瘤をやさしく解説

下肢静脈瘤、これは足の血管が浮き出てみえ、痛みと足の疲労を伴います、足のむくみが現れることも、足が太い、足が細いは関係なく表れますし、下肢の静脈に瘤ができていても痛みがない場合もあります。女性であれば、だれもがのぞむキレイな脚がそこなわれてしまいます。

下肢静脈瘤の治療法で切除は長時間の手術となり傷跡が残ります。下肢静脈の瘤、注入療法は手術の代わりに行われる治療法です。静脈を刺激する溶液を注入して血栓を形成させます、この治療法では静脈を密閉するため、血液はその静脈内を流れることができなくなります。

下肢静脈瘤 レーザー治療、下肢に静脈の瘤があるなかでも軽いタイプの網目状・くもの巣状とよばれる静脈の瘤に適してします。レーザー法は、美容整形などで行われている、体の外からレーザーを照射する方法とは違います。

下肢静脈瘤日帰り手術、ここでは下肢静脈瘤の日帰り手術を行っているクリニックの紹介です。例え入院することになっても殆ど一日程度で済むようです。

サブコンテンツ

下肢静脈瘤ではランキングに参加しています。

ランキングはこちらをクリック!

Yahoo!ブックマークに登録

下肢静脈瘤と突然死

下肢静脈瘤と病気の関係とは、海外で心臓やその他の外科的手術において、長時間麻酔をかけて、手術を行なった場合にしばしば起こる突然死があります。

手術は、成功するのですが退院後の3〜7日後に突然患者が原因不明で死亡されるという、突然死の事実を解明した結果、血栓が患部から剥がれて、血液とともに肺や脳、心臓にたどり着き細い血管をつまらせて壊死がおこり死因となったのです。同じような現象が日常生活でもよくあることなのです。

下肢静脈瘤の原因は血液の停滞

下肢の静脈瘤は静脈の血流停滞が一番の要因だったのです、下肢の静脈、血流の流れを妨げる要因として、長時間のフライトや車の運転、デスクワーク、歩行をほとんどされない立ち仕事、妊娠時の体重増加と運動不足、クーラー等で冷えた環境等なのです。

また、メリーランド州在住の医師ジェームスパワー博士は、突然死についてこの様に語っています。

静脈の瘤、ガン、喫煙者、下肢に凝血のある人々下肢に怪我のある人、ベッドに寝たきりの人、手術のために全身麻酔をした入院患者にもこの、突然死のリスクの要因がおおいにあるとし、

また妊娠、避妊薬を飲んでいる婦人、そして、ホルモン剤投与の人にも、凝血をつくり突然死の可能性を増進させると研究発表しました。 肥満者、高齢者、背の高い人は、よりリスクが高いと述べています。



女性の悩み便秘解消にはこちら

ここが変だよgoogle
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。