下肢静脈瘤と東日本大震災

下肢静脈瘤・あなたの足の静脈瘤をやさしく解説

下肢静脈瘤、これは足の血管が浮き出てみえ、痛みと足の疲労を伴います、足のむくみが現れることも、足が太い、足が細いは関係なく表れますし、下肢の静脈に瘤ができていても痛みがない場合もあります。女性であれば、だれもがのぞむキレイな脚がそこなわれてしまいます。

下肢静脈瘤の治療法で切除は長時間の手術となり傷跡が残ります。下肢静脈の瘤、注入療法は手術の代わりに行われる治療法です。静脈を刺激する溶液を注入して血栓を形成させます、この治療法では静脈を密閉するため、血液はその静脈内を流れることができなくなります。

下肢静脈瘤 レーザー治療、下肢に静脈の瘤があるなかでも軽いタイプの網目状・くもの巣状とよばれる静脈の瘤に適してします。レーザー法は、美容整形などで行われている、体の外からレーザーを照射する方法とは違います。

下肢静脈瘤日帰り手術、ここでは下肢静脈瘤の日帰り手術を行っているクリニックの紹介です。例え入院することになっても殆ど一日程度で済むようです。

サブコンテンツ

下肢静脈瘤ではランキングに参加しています。

ランキングはこちらをクリック!

Yahoo!ブックマークに登録

下肢静脈瘤と東日本大震災

下肢静脈瘤これは、避難所などで生活されている多くの方におきうるものです。狭い施設の中では運動も出来ず、またストレスも重なり下肢静脈瘤(エコノミークラス症候群)になりやすい状況です。

震災後の避難所生活などでは体を動かそうにも、簡単に運動も出来ません、同じ姿勢での生活が続きます。避難所で周りの人に遠慮し歩くのも静かに歩くなどされているようです。これは座ったり横になっている時でも、足首を上下させるだけでも血栓予防になります。

これでは血流が悪化しやすくなるばかりです、また水分の補給が十分できないことで血液が濃くなり、静脈内部に血がたまりやすくなり下肢静脈瘤などに移行します。

下肢静脈瘤は高齢の方や女性に多く見られる症状です。血栓が血流に乗って肺で詰まると呼吸困難や胸痛が見られ、急死することもあるとされます。

ヤフーニュース等でも、【東日本大震災】エコノミークラス症候群被災者の14%で発症と報じられています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000616-san-soci



女性の悩み便秘解消にはこちら

ここが変だよgoogle
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。