弾性ストッキング選び方

下肢静脈瘤・あなたの足の静脈瘤をやさしく解説

下肢静脈瘤、これは足の血管が浮き出てみえ、痛みと足の疲労を伴います、足のむくみが現れることも、足が太い、足が細いは関係なく表れますし、下肢の静脈に瘤ができていても痛みがない場合もあります。女性であれば、だれもがのぞむキレイな脚がそこなわれてしまいます。

下肢静脈瘤の治療法で切除は長時間の手術となり傷跡が残ります。下肢静脈の瘤、注入療法は手術の代わりに行われる治療法です。静脈を刺激する溶液を注入して血栓を形成させます、この治療法では静脈を密閉するため、血液はその静脈内を流れることができなくなります。

下肢静脈瘤 レーザー治療、下肢に静脈の瘤があるなかでも軽いタイプの網目状・くもの巣状とよばれる静脈の瘤に適してします。レーザー法は、美容整形などで行われている、体の外からレーザーを照射する方法とは違います。

下肢静脈瘤日帰り手術、ここでは下肢静脈瘤の日帰り手術を行っているクリニックの紹介です。例え入院することになっても殆ど一日程度で済むようです。

サブコンテンツ

下肢静脈瘤ではランキングに参加しています。

ランキングはこちらをクリック!

Yahoo!ブックマークに登録

弾性ストッキング選び方

弾性ストッキングとは、女性の皆さんが穿く普通のストッキングとは違い、足を圧迫するための特殊な編み方でつくられた医療用のストッキングです。

この弾性ストッキングの構造ですが、圧迫する力が足首から心臓方向へ段階的に弱くなる構造で、血液が心臓へと戻るのを助ける働きがあります。

[パーフェクトスレンダ]-18【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
下半身の各部位に応じて適切な補正力を生み出す驚異の編み分け技術、世界初!最新体型補正技術【マルチコントローリング機能】を採用!

弾性ストッキングの生地は、着圧を生み出すための糸が使用され、はくだけで静脈の血流がスムーズになるようサポートし、その糸や編み方も効果の上がるよう作られています。

弾性ストッキング選び方としてまず、この数字に注目です、(20hpa)これは(ストッキングの圧力値を表わす単位)です。

例えば、貴女の足が軽度のむくみであれば、20hpa程度の軽い圧力のものがお勧めですし。長時間の立ち仕事などで強い「むくみ」が出る場合は、足首30hpa、またはそれ以上の圧力の弾性ストッキングを選ぶといいでしょう。

弾性ストッキング、穿き方に注意

弾性ストッキング、これをどう穿くのでしょう? ストッキングの穿きかたくらい知ってるでしょうが、注意すべき点もあります。

足に均一な圧力になるよう、十分に引き上げながらはくこと。

シワを作ると、そこだけが強く局所的に締め付けられるので気を付けて下さい。伝線しても圧力が不均一になってしまうので、爪などのひっかけに注意ですね。



ここが変だよgoogle
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。